エアコンクリーニングはなぜ必要なの?

エアコンの汚れは見えないところに溜まる

暑い夏を快適に過ごすためには、エアコンはなくてはならない存在ですよね。毎日、日本全国で高温が続く中、一日中エアコンを稼動させているというご家庭も多いのではないでしょうか。室内を効率よく冷やすために、エアコンの設定温度を高めたり室外機に日よけを設置したりする人が増えています。しかし、エアコンの掃除をこまめに行う人は少ないのが実情です。
エアコンの汚れは、外から見えにくいところに溜まります。風の吹き出し口からは見えないようなエアコンの内部には、ほこりやカビが大量に付着している場合もあるのです。こうしたエアコン内部の汚れは、一般の人が掃除をするのは大変難しいといえます。風の吹き出し口やフィルター部分から、なんとか掃除しようと無理に手や掃除道具を入れると、エアコンの故障の原因になる恐れがあります。
エアコン内部の汚れやカビが気になったら、専門業者にクリーニングを依頼することをおすすめします。

エアコンの汚れで空気も汚れる

エアコンの汚れは直接室内からは見えないので、あまり気にしなくていいと思う人もいるかもしれません。しかし、エアコン内部のカビや誇りは冷風に乗って室内に噴出されることになります。特にカビや微小なほこりなどは、目には見えなくても室内に舞っている可能性があるのです。
直接は見えなくても、喉や鼻に入り込み体調不良を招く可能性もあります。気管支系の持病がある人は、症状が悪化する場合もあります。また、カビが撒き散らされることによって、室内の壁紙や家具の裏側などにカビが生えるケースもあるのです。
エアコンの汚れは室内の汚れにつながり、場合によっては体調不良の原因にもなってしまうことがあるというわけです。

duskin-daiichi.com

エアコンクリーニングをするメリット

エアコンのクリーニングをすることで、手が届かなかったり見えなかったりする部分もきれいにすることができます。見た目や空気がきれいになるだけでなく、匂いの解消にもつながります。また、汚れを落とすことでエアコンの運転効率が上がり、電気代の節約になることも。毎日エアコンを使う季節には、日々汚れも溜まって行くので、こまめな掃除が欠かせないというわけなのです。
内部の掃除は専門業者に依頼する必要があるため、こまめに掃除するといっても難しいのが実情です。夏や冬といった、エアコンの稼働率が上がるシーズンの終わりや、一年に一度くらいの頻度でエアコンクリーニングをするのがおすすめです。
フィルター掃除など、家庭でもできる掃除については、できるだけこまめに行うようにしましょう。特にフィルターの目詰まりはエアコンの運転効率を下げてしまうので、月に1~2度くらい、または汚れが気になったときにフィルター掃除をすると良いでしょう。