司法書士になるには

司法書士とは

司法書士とは、主に登記や供託を行う資格のことを言います。
法律にかんする業務を行うと言う点で弁護士に近い仕事だと思われることも少なくありませんが、あくまでも法律で定められた範囲の業務に限って仕事ができるようになっています。
とはいえ、法律の力を使って人々の財産や権利を守るお手伝いをする仕事です。
また法的な事にかんする相談を受けたりすることもあり、無資格の人ができる仕事ではありません。
実際にこの業務を行うためには、国家試験である司法書士試験に合格するか、法務大臣の認可を受ける必要があるので、その点には注意しましょう。

司法書士になるには

司法書士になるには2つの方法があります。
まず1つは司法書士試験に合格することで、この場合、毎年7月と10月に行われる試験に合格しなければなりません。
7月の試験は筆記試験で、それに合格すると10月の口述試験を受けることができます。
筆記試験の試験科目は憲法、民法、刑法などさまざまな法律です。
また口述試験はづフォウさん登記法や商業登記法、司法書士法が試験科目となっています。
また司法書士になるもう一つの方法は、法務大臣の認可を受けるということです。
この場合、認定司法書士という立場になり、通常の司法書士の業務だけでなく、簡易裁判所で価格が140万円を越えない民事事件などの代理業務を行うこともできるようになります。

司法書士として働くためには

司法書士試験に合格したり、法務大臣の認可を受けることによって司法書士になることはできます。
しかしまだこれだけでは仕事として行うことはできません。
まず資格を取得することができたら、次は日本司法書士連合会の司法書士名簿に決めらた事項を登録する必要があります。
その場合は、登録申請書と、資格を持っていることを証明する書類を日本司法書士連合会に提出しなければなりません。

試験に合格するためには

司法書士の資格試験自体は、受験資格を基本的に定めているわけではありません。
しかし難易度が高い試験となっており、合格率はそれほど高くないので注意しましょう。
また、学歴などを気にする必要もありませんが、法学部出身者の方が法的な知識があるので、比較的有利に試験に臨むことができる傾向です。
とはいえ、全く法的な知識が最初はなかったとしても、しっかりと勉強すれば合格は決して不可能ではありません。
また現在では資格取得のための専門学校に通ったりする方法もあります。
専門学校によっては夜間開講というところもあるので、社会人でも学ぶことは十分可能です。

水戸にある「水戸駅南司司法書士事務所」では相続・遺言に関する手続きをしてくれます